実行する必要のあるコマンドのセットが多数ある場合は常に、ユーザーはバッチファイルを作成し、それをWindowsシステムで実行します。 しかし、このバッチファイルを実行するコマンドプロンプトのようなコマンドラインツールが、バッチファイルの実行後すぐに閉じられることに気づきましたか? そのため、ユーザーはコマンド実行の出力または結果を表示できません。

実行直後にコマンドプロンプトが閉じるのを止めることができるかどうか疑問に思うかもしれません。 はい、そうです!

この記事では、3つの簡単な方法を使用してこれを行う方法について学習します。 詳細を知りたい場合は、読み続けてください。

方法1-バッチスクリプトファイルにPAUSEを追加する

ユーザーがコマンドプロンプトを閉じるのを停止する方法の1つは、スクリプトファイルの最後にPauseという単語を追加することです。 これにより、バッチファイルの実行後、ユーザーが任意のキーを押すまでコマンドプロンプトが一時停止し、キーが押されるとすぐに閉じます。

それを行う方法については、以下の手順に従ってください。

ステップ1:バッチファイルが存在するフォルダーに移動します。

ステップ2: Right-clickbatch file をクリックします Show more options コンテキストメニューから。

ステップ3:次にクリック Edit 下のスクリーンショットに示すように、コンテキストメニューの上にあります。

ステップ4:これにより、デフォルトとして設定されているメモ帳またはその他のテキストエディタアプリでバッチファイルが開きます。

ステップ5:タイプ pause スクリプトの最後に最後の行として、を押してファイルを保存します CTRL + Sキーボードで一緒に。

一時停止バッチファイル11zonを追加

ステップ6:次に、 double-clickbatch file また 右クリック その上で選択します Open このバッチファイルを実行します。

バッチファイル11zonを開く

ステップ7:これで、バッチスクリプトが実行され、コマンドプロンプトウィンドウが開いたままで、「Press any key to continue . . . 下の画像に示すように」。

11zonを続行するには任意のキーを押してください

方法2–バッチファイルの最後にcmd/kを追加します

バッチファイルの実行後にコマンドプロンプトウィンドウを閉じるのをやめたいだけでなく、他のコマンドを実行したい場合は、この方法を試してみてください。 ユーザーは、最後にcmd / kを追加するだけで済みます。これについては、以下の手順で説明します。

ステップ1: Right-clickbatch file 選択する必要があります Show more options 以下に示すように、コンテキストメニューから。

その他のオプションを表示バッチファイル11zon

ステップ2:次にクリック Edit 示されているようにメニューから。

バッチスクリプトファイル11zonの編集

ステップ3:システムにデフォルトのテキストエディタが設定されていない場合は、メモ帳などのインストールされているエディタを選択するように求められます。

ステップ4:開いたら、次のように入力します cmd /k 以下に示すように、バッチスクリプトファイルの最後にあります。

CmdKバッチファイル11zon

ステップ5:次に、に移動してファイルを保存します。 File トップメニューでクリック Save 以下に示すようにリストから。

ファイル保存バッチファイル11zon

ステップ6:これで、バッチファイルをダブルクリックして実行できます。

ステップ7:バッチファイルを実行した後、コマンドプロンプトが閉じられず、ユーザーが下の画像に示すように他のコマンドを実行できるようになることがわかります。

CmdKバッチファイル出力結果11zon

ステップ8:これは、コマンドプロンプトが閉じないようにする方法ですが、実行しているすべてのバッチファイルにPauseまたはcmd/kのいずれかを追加する必要があります。

方法3–レジストリファイルを変更して、コマンドプロンプトが閉じないようにする

この方法を適用すると、バッチスクリプトファイルが毎回実行された直後にコマンドプロンプトが閉じないようになり、ユーザーは一時停止またはcmd/kを追加するためにバッチファイルを編集する必要がなくなります。

以下に示すように、レジストリエディタを使用してレジストリファイルを編集することにより、いくつかの設定を変更することにより、これを行う方法を示します。

Warning –続行する前に、レジストリファイルのバックアップをエクスポート/保存して、編集中に問題が発生した場合に元のレジストリファイルに戻すことができるようにしてください。

ステップ1:まず、レジストリエディタを開く必要があります。 これを行うには、を押す必要があります Win + R一緒に、それは開きます Run

ステップ2:タイプ regedit [実行]ボックスで、を押します Enter

手順3:をクリックして、ユーザーアクセス制御プロンプトを受け入れます Yes 続ける。

1RegeditMinを実行します

ステップ4:レジストリエディタウィンドウが開いたら、アドレスバーをクリアし、以下の行をコピーして貼り付け、を押します。 Enter.

HKEY_CLASSES_ROOTbatfileshellopencommand

ステップ5:と呼ばれるレジストリキーを選択したことを確認します command 右側には、 double-click と呼ばれる文字列値 (Default)、編集ウィンドウが開きます。

バットファイルコマンド11zon

ステップ6:次の行を入力します Value Data をクリックします OK.

cmd.exe /k "%1" %*

値データコマンドデフォルト11zon

ステップ7:アドレスバーに移動してクリアし、次のパスを入力してを押します Enter

HKEY_CLASSES_ROOTcmdfileshellopencommand

ステップ8:到達したら command レジストリキー、の編集ウィンドウを開きます (Default) 文字列値 double-clicking その上に。

Cmdファイルコマンド11zon

ステップ9:その後、以下の行を Value data をタップします OK.

cmd.exe /k "%1" %*

値データコマンドデフォルト11zon

手順10:完了したら、レジストリエディタウィンドウを閉じます。

ステップ11:システムを一度再起動すると、システムが起動した後、バッチスクリプトファイルが実行された後、コマンドプロンプトが閉じないことがわかります。